高尾山にのぼってみました(初登山)

人生でやりたい100の事 「54.高尾山に登る」をしてきました。

交通

●京王線
料金:390円 (ICカード:381円)
新宿 - 高尾山口 最速47分

●JR中央線+京王線
料金:680円 (ICカード:674円)
新宿 - 高尾   特別快速44分、快速58分
高尾 - 高尾山口 3分

●高尾山きっぷ
高尾山へのお出掛けには、「高尾山きっぷ」が便利です。
高尾山きっぷは、京王線・井の頭線各駅から高尾山口駅までの往復割引乗車券と、
高尾山ケーブルカーまたはリフトの割引乗車券(往復または片道)がセットになった
おトクなきっぷです。
※有効期間は発行日当日限りとなります。

・発売場所
京王線・井の頭線の各駅自動券売機にて発売(高尾山口駅を除く)
・割引率
2割引
・料金
京王線:新宿←→高尾山口+ケーブルカー/リフト(往復)
1,380円(通常 京王線 390円*2+ケーブルカー/リフト 930円 合計1,710円)
京王線:新宿←→高尾山口+ケーブルカー/リフト(片道)
1,020円(通常 京王線 390円*2+ケーブルカー/リフト 480円 合計1,260円)

コース名 トイレ数 全長
1号路(表参道コース) 5ヶ所 3.8Km
2号路(霞台ループコース) なし 900m
3号路(かつら林コース) なし 2.4km
4号路(吊り橋コース) なし 1.5km
5号路(山頂ループコース) なし 900m
6号路(びわ滝コース) 2ヶ所(清滝駅、山頂) 3.3km
稲荷山コース(見晴らし尾根コース) なし 3.1km
高尾山・陣馬山コース なし 15.3km

登ってきた!


京王山口駅から、清滝駅(標高201m)へ
ケーブルカーに乗車し、高尾山駅へ(標高472m)

そこから、1号路を登りました!
まず、たこ杉、浄心門を抜けたあたりで、道が二手に分かれます。
左が男坂、右が女坂です。
●男坂
少し急な石階段になっていて、その数は人間の煩悩の数と同じ108段。
男坂を1段登るごとに煩悩がひとつ消えていくといわれています。
●女坂
ゆるやかなスロープ状の坂道。

行きと帰りで、違う道を通ろう!ということで、
まずは、男坂へ。
息子が、108段あるのか、一生懸命数えてしました(^^♪

そのあと、高尾山薬王院へ。
参拝して、ご朱印を頂き、山頂を目指します。

●高尾山薬王院
正式名称「高尾山薬王院有喜寺」
今から1260余年前の天平16年(744)に、聖武天皇の勅令により
東国鎮守の祈願寺として、高僧行基菩薩により開山されました。
薬王院の名は創建当初、薬師如来をご本尊とした事に由来します。
現在は真言宗智山派の大本山として知られております。

●御朱印
御朱印(納経)とは、本来、心願の成就を祈り書き写した経文(般若心経・観音経等)を、
ご本尊様の宝前にお納めし、その祈願をこめた印として頂いたもの。

山頂の少し手前、トイレのあるところで、飲料水の水飲み場があり、
とても暑かったので、助かりました

山頂へ到着し、お弁当を食べ、
山頂のお店の、かき氷を購入したら、、、
すごく、デカかった・・・。
子供たち、2人で、1個でも十分な大きさでした。

さて、帰り道は、女坂、ケーブルカーを使い、高尾山口駅まで、戻ってきました。

今回、「高尾山きっぷ(往復)」を購入しておいたのですが、、
初めて登山で、だいぶ疲れたので、片道でなく、往復にしておいてよかったと・・・。

子供たちも、行く前は、
疲れるから、イヤと、、、言ってましたが、
実際に、自分の足で、登頂してみて、また行きたい、楽しかったと言ってくれました。

スポンサーリンク
レグンダル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レグンダル