Windows XP 高速化/msconfig

もう一台作業用PCがほしかったため、しまってあった、WindowsXPを出した。

ただ、久しぶりに動かすそのPCはあまりに遅く悲しく。

壊れない程度にカスタマイズをしてみました。

不要な [ スタートアップ ] を無効にする

1.[ファイル名を指定して実行] に [msconfig] と入力し [OK] をクリック。

2.[システム構成ユーティリティー] ウィンドウの [スタートアップ] タブを選択。
3.Windows XP と同時起動させたくないプログラムのチェックを [スタートアップ] 項目から外す。

* チェックを外してはいけない項目の例

[imjpmig]
[TINTSETP] (×2項目)
[ctfmon]
コマンドの表示が [C:¥WINDOWS¥system32…] のもの

* 不要であればチェックを外しても構わない項目の例

[qttask] ・・・ QuickTime 関連
[realsched] ・・・ RealPlayer 関連
[Reader] ・・・ AdobeReader 関連 … など

4.[システム構成] ウィンドウが表示され “…再起動する必要があります” のメッセージが表示されたら
 [再起動]をクリック。

5.再起動後 [システム構成ユーティリティー] ウィンドウが表示されたら “Windows の開始時にこの
   メッセージを表示しない…”
にチェックを入れ [OK] をクリック。


不要な [ サービス ] を無効にする

1.[ファイル名を指定して実行] ウィンドウに [msconfig] と入力し [OK] をクリック。

2.[システム構成ユーティリティー] ウィンドウの [サービス] タブを選択。

3.Windows XP と同時起動させたくないプログラムのチェックを [サービス] 項目から外す。

* チェックを外してはいけない項目

● Cryptographic Service ・・・ Windows ファイルの署名やルート証明書を管理する
● Event Log ・・・ イベントログメッセージをイベントビューアで表示する
● Plug and Play ・・・ ハードウェアの変更を認識し対応する
● Remote Procedure Call (RPC) ・・・ 各種の RPC サービスを提供する
● Security Accounts Manager ・・・ ユーザーアカウントのセキュリティ情報を管理する
● System Event Notification ・・・ ログオン、ネットワーク、電源のイベントなどを通知する
● Windows Management Instrumentation ・・・ Windows のシステムを管理する
● Workstation ・・・ リモートサーバーへのクライアントネットワーク接続をする

* 不要であればチェックを外しても構わない項目

● Fast User switching Compatibility ・・・ ユーザーの簡易切り替えができる
●Google xxxx ・・・Google関連
● Net Logon ・・・ ドメインへのログオン、認証をする
● Secondary Logon ・・・ 別のユーザーとしてコンピューターにログオンできる
● Server ・・・ ネットワークでファイルやプリンターの共有ができる
● Task Scheduler ・・・ タスクスケジュールを実行する
● Terminal Services ・・・ 複数のユーザーがリモートコンピューターに接続できる
● Web Client ・・・ Windows ベースのプログラムで Web ファイルを管理できる
● Wireless Zero Configuration ・・・ 無線LAN の自動構成をする

4.[システム構成] ウィンドウが表示され “…再起動する必要があります” のメッセージが表示されたら
   [再起動]をクリック。

5.再起動後 [システム構成ユーティリティー] ウィンドウが表示されたら “Windows の開始時にこの
   メッセージを表示しない…”
にチェックを入れ [OK] をクリック。

下記サイトを参考にさせて頂いております。

WindowsXP 高速化.com

スポンサーリンク
レグンダル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レグンダル