映画の興行収入と観客動員数/プペル頑張れ!!

「興行収入の目標は?」という質問に、西野亮廣さんが

100万人動員しても失敗なんですよ。製作費みたいなところから考えると。映画ってやっぱ大きいので。なんで、100億円とか」

というお話をされており、映画の規模感がわからなかったため、

ちょっと調べてみました。

えんとつ町のプペル / POUPELLE OF CHIMNEY TOWN
※上記は、公式ページからダウンロードさせていただき、使用しております。 ずっと気になっていた「えんとつ町のプペル」 ...

日本の興行収入と観客動員数 ランキング

(Wikipediaから抜粋)

下記は、日本の歴代10位までの興行収入に観客動員数を追加したものです。

※上映が終了し、興行収入が確定されているものです。

順位作品公開年興行収入
(億円)
観客動員数
1千と千尋の神隠し2001316.82352万人
2タイタニック1997262.81683万人
3アナの雪の女王2014255.02003万人
4君の名は。2016250.31928万人
5ハリー・ポッターの賢者の石2001203.91620万人
6もののけ姫1997201.81420万人
7ハウルの動く城2004196.01500万人
8踊る大捜査線 THE MOVIE2
レイボーブリッジを封鎖せよ
2003173.51260万人
9ハリー・ポッターの秘密の部屋2002173.01420万人
10アバター2009156.0990万人

上記を見ると、

歴代10位は、100億は、やはり突破していますな。

世界歴代 映画 興行収入ランキング

アベンジャーズ/エンドゲームが世界歴代興行収入、1位となっており

27.978億ドル、日本円換算で、ざっくり2,900億円ぐらいで、

やはり規模感が違いますね。

順位作品公開年興行収入
1アベンジャーズ/エンドゲーム201927.978億ドル
2アバター200927.904億ドル
3タイタニック199721.952億ドル
4スター・ウォーズ/フォースの覚醒201520.685億ドル
5アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー201820.484億ドル

劇場版「鬼滅の刃」

『鬼滅の刃』(きめつのやいば、英: Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba)は、吾峠呼世晴による日本の漫画。

Wikipedia から引用

ちなみに、「鬼滅の刃」は

現在、累計興行収入 311.6億円を突破し、

観客動員数も2,317万人を超えているとのことで

ランキング1位に近づいているようです

追記 (2020/12/26-27) 「鬼滅の刃」が国内歴代興行収入1位へ

「鬼滅の刃」が国内歴代興行収入1位になりました。

「映画 えんとつ町のプペル」は、4位スタート

土日2日間で 動員14万4000人、興収2億700万円

「ポケットモンスター ココ」 が2位 (初登場)

(英題: Pokémon the Movie: Secrets of the Jungle)

「新解釈・三国志」が3位 (3週目)

今回、こちらのサイトを参考にさせていただいております。

今週の映画ランキング|映画の時間 (jorudan.co.jp)

最後に

『映画 えんとつ町のプペル』 頑張れ!!

スポンサーリンク
レグンダル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レグンダル